FC2ブログ

2355 バッド・ニュース

昨日交渉成立したコンバインを今日受け取りに行ってきた。
そして運転操作の仕方を業者に教えてもらって刈り始めた。
調子よく刈り取りが出来満足満足。
しかし後8列ほどを残したところで突然刈り取り部分が動かなくなった。
業者に電話して機械のところを見てみる。
刈り取り部分へ動力を送るベルトが切れかかっているし、もう一つのベルトも伸びてしまってゆるんでいる。
このゆるんだベルトが動力を伝えきれなくて刈り取り部分が動かなくなったらしい。
で作業は泣く泣く中止。
あと8列ばかりなので今日中に刈ってしまって乾燥機に入れればうちの田んぼ作業はこれで終わるので残念であり悔しい。
なので昨日借りた近所のコンバインを再度借りてきて刈ることにする。
今朝、中も外もきれいに掃除をして燃料も満タンにして返したのにこれも残念であり悔しい。
そしてやっぱり刈り取りに時間がかかり時々稲がつまってストップしたりして暗くなるまでかかってしまった。
明日また清掃して満タンにして返さなければならない。
でもどうにか終わったのだった。
新しいコンバインはグッド・ニュースだったが、またもや故障ということでバッド・ニュースになってしまった。

バッド・ニュースと言えば、TVで人気のイケガミさんが嫌韓指南したってのはどうよ。
人気のTVタレントというかジャーナリストだっただけに、残念である。
大阪市長が原発汚染水を大阪湾に入れてもいいと言う発言もどうよ。
どこの海に入れたって汚染水は汚染水。
放射能入りである。

「グッド1 バッドは9の アベニホン」
「イケガミさん いつの間にやら 嫌韓か」
「その水を 毎日飲んで 見せとくれ」
スポンサーサイト



2354 グッド・ニュース

借りたコンバインでの作業は、ほとほと疲れた。
昨日敬老会で得たグッドニュース。
近くに今年農業を辞めて機械類を処分したい人がいるということを聞いた。
農機具業者に引き取って貰う前に直接交渉して手に入れたらどうかとアドバイス。
しかし近所にそれをほしがっている人がすでにいるので一寸雲行き危うし。
今日ほとほと疲れて帰ってきたらそのほしい人から電話あり。
コンバインのことで話したいというので聞く。
自分もほしいが、今年大きい田んぼを刈るときに貸してもらえるなら譲るよ、ということだったのでありがたく頂くことにした。
早速コンバイン所有者の家にいいって直接交渉。
いろいろお話しして交渉成立。
偶然からとてもいい結果になって近年これほど嬉しくなったことはない程だった。
自分はいいからと譲ってくれた人、それから所有者には感謝しかない。
この結末は自分にとっては近年にない良い結末だった。

2353 ドローン

今日は、稲刈りに敬老会に籾すり。
息子に稲刈りをさせて敬老会に出席。
終わったら稲刈りを少し手伝い、終わったら籾すり。
その後今日刈った稲の籾を乾燥機に入れて乾燥。
明日は午後には乾燥し上がるだろう。
そしてまた午前は残った田んぼの稲刈り。
これで全田んぼの稲刈り終了という計画。
天気は良さそうみたいなのでそうなるといいのだが。
すべて借りたコンバインでの作業である。
修理に出したコンバインはまだ戻らないから、結局借りたコンバインで全部済みそうな案配である。
ほとんど役に立たなかった我が家のコンバイン。
中古を買うという手もまだ残っている。

サウジアラビアの石油施設の大火事の話し。
恐ろしくなった。
どこか知らないがドローンによる攻撃によるものらしい。
これが石油施設でなくて原発だったらどうなったことか。
これで日本の原発も即廃止になる気運が盛り上がればと思う。
だいたいそれは予想されたことなんだが、こういう現実はさらに即廃止に向かう力となる。
高性能のドローンは近海からならどこから飛んできても原発は狙えるのだ。
どこか一つでも原発が狙われればそれで日本は終わりである。
こんなことが分からない政治家がいるとすれば政治家としての資格はない。
タキクリの旦那、どうする?

「原発を 狙ってドローン 飛ぶ日来る」
「汚染水 海に流せと 最後っ屁」
「反韓と 憎悪駆り立て 戦争に」
「メディア殿 あおり運転 違反です」

2352 マイルス

マイルス・デイヴィスの古い録音のこれまで発売されなかった楽曲が発売された。
ので早速購入。
「ユア・アンダー・アレスト」と「ツツ」の間の録音だそう。
ちょっとガチャガチャした感じの楽曲が多いし、いわゆるダンス系というか乗りのいい曲が多い。
マイルスのトランペットは縦横に吹きまくる。
背景にリズムセクションがガンガン鳴らしていて勝手に好きなときに割り込んで吹きまくる感じだ。
でも計算されたものだろうか最後はビシッと決めて終わる。
悲しいかな余り名曲だとは言えない。
数回聴けば飽きてくるかも知れない。
だがやはりこのペットはマイルスだろうなというものばかり。
バッハやモーツアルト、ベートーベンなどは曲を知らなくても鳴っている曲を聴くとああこれはバッハ、これはモーツアルト、これはベートーベンだとおよそ見当がつく。
特にモーツアルトはすぐに分かる。
同じようにマイルスも曲やなり方でこれはマイルスだと分かる。
やはりそのくらい音や曲が誰と分かるくらい確立しているのはある意味すごいことだ。

今日は近所の農家のコンバインを借りて1反ほどの田んぼの稲刈りをした。
馬力が小さいので刈るのに時間がかかり、実に7時間以上もかかってしまった。
壊れたうちのコンバインでやると半分くらいの時間でできる。
疲れましたわ。

2351 農政はNO政

コンバインは直りそうにもない。
中古の購入を勧められた。
全くついとらん。
余分な出費である。
しかし、直るにしてもかなりの出費。
直るものなら直してほしいが出費の額を考えると、中古も考えざるを得ない。
何のためにたんぼをやっているか。
機械を買うためである。
というギャグではないが、それが農政だ。
機械屋と肥料屋がもうかり、俺ら中小田んぼ保持者は彼らのためにあるようなものだ。
田んぼは誰かに手渡し、米も買う方が賢い選択である。
それが分かっていながら田んぼを作り続けるのは何故か。
・・・作るのが好きだから・・・・でもない。
・・・田んぼがあるから・・・か。
田んぼの魔力である。
田んぼにかかる時間と労力。
これを他に回したら悠々自適な生活だろうな。
何故に苦痛を味わうような選択をするのだろう。

「農業は 機械の奴隷 抜け出せぬ」
「作るより 買う方が得 米農家」
「作るのは 田んぼ魔力に 引き込まれ」
プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
welcome
検索フォーム
リンク