1779 ミューズ

西脇順三郎の詩に。
   コリコスの歌
 浮き上れ、ミユウズよ。
 汝は最近あまり深くポエジイの中にもぐつてゐる。
 汝の吹く音楽はアビドス人には聞えない。
 汝の喉のカーブはアビドス人の心臓になるやうに。
・・・
というのがある。
「想像力」の主みたいのが、全然出てこなくて困ってしまった。
あまりに深く脳髄の奥に閉じこめられたようになって出てこないというわけだ。
うーん、早く出てきて欲しい。
・・・
と言いつつ書くネタがない今日を恨む。
浮き上がれ想像力。
浮き上がれ創造力。

床屋に行ってきた。
すっかり夏用の頭にされちまった。
でもこれはこれでいい。
頭すっきり、洗っても洗いやすい。
乾かしやすい。
夏になったらもう全部刈ってやる。
はげになりたい。
・・・
ようやくミューズが浮き上がってきた。
はげになりたい。
スポンサーサイト

1769 首

今日の新聞で痛快だったのは、トラがテレビの司会者として、素人出演者に「おまえは首だ」という定番の番組を持っていたという。
しかし今のアメリカ国民はトラにその言葉をぶつけたいのではないかという、記事。
日本にもそういうやつはいる。
やっぱりトラの友達だから類友か。
Shame on you,AB. You are fired.
にしても片隅に某ジミントーの支持率が数ポイント上がったって記事。
どーなっとるんだ。
やっぱり意識低いか、某国民は。

1764 シット・ホール

s-shithole.jpg

物議を醸しているshit hole。
肥溜めと訳されているみたいだが、その穴が下にあるのか人間の側にあるのか、自分は人間の側にあると思った。
まあしかし、トラもこれで終わりだな。
人品が最低である。
そんなモンを祭り上げている周りも人品が良くないということだ。
そんな人品の良くないやつと仲良くなりたいのは亜米ぐらいか。
どっちもどっち最低同士で仲良くすればよい。
また海外旅行に言った亜米。
よく二人で記念写真なんかとってるな。
恥ずかしげもなくというところが亜米の人品を表す。
またばらまきをしてくるんだろうか。
帰るときは泳いで帰ってこい。

1762 意気込み

s-ayuko.jpg

しなければならないことがいっぱいあるのに前に進まない。
気力不足。
スランプというのはおこがましいがそんな気分。
ということで、昼寝をして気力回復を図ってみたが効果なし。
テレビを見ていたらだらだらと時間が過ぎてしまった。
女子駅伝があるので明日、前祝いじゃないけどそういう特集をしていた。
京都は抜群の16勝とかで圧倒的。
そして昨年は愛知初優勝。
その愛知のアンカー鈴木亜由子という選手。
たすきを受け取ったときは首位と600m差。
そして何人かを抜き去りついに首位に躍り出てそのままゴールという快挙。
なんだか見ていて涙が出てきた。
最後の笑いながらの(に見えた)ゴールはほんとに感動的だった。
明日の女子駅伝見よう。
我らの九条の会の活動もあの意気込みだ。
そして私の意気込みも鈴木選手並みになりたいものだ。

1760 郷土誌

今日はなんだか書くことが思い浮かばない。
新聞読んだり雑誌を読んだりしても浮かばない。
復刊した郷土紙誌を頂いた(といってもお代は払った)ので読んでみた。
郷土というだけあって書き手の人は名前の知っている人が多い。
肩書きも載っているのであああの人はそういう方だったのかと改めて分かったこともある。
文化の町らしく文芸も豊富、俳句に短歌に狂俳、演劇、小説、エッセイとあらゆるジャンルがそろっている。
郷土の歴史に興味を持って携わる人も豊富。
政治家もいれば商人、農家、お医者さんと多士済々。
復刊前の号は10号までだそうだが是非長く続けてほしいものだ
プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
welcome
検索フォーム
リンク