1428 馥郁タル火夫2

昨日載せた写真に写っている詩(文)は以下の通りである。

 「ダビデの職分と彼の宝石とはアドーニスと莢豆との間を通り無限の消滅に急ぐ。故に一般に東方より来りし博士達に倚りかゝりて如何に滑かなる没食子が戯れるかを見よ!
 集合的な意味に於て非常に殆ど紫なるさうして非常に正当なる延期!ヴェラスケスと猟鳥とその他すべてのもの。
 魚狗の囀る有効なる時期に遙に向方にアクロポリスを眺めつつ幼少の足を延してその爪を新鮮にせしは一個の胡桃の中でなく一個の漂布者の頭の上である。
 間断なく祝福せよ楓の樹にのぼらんとする水牛を!
口蓋をたたいて我を呼ぶ者あれば我はひそかに去らんとする。けれども又しても口中へ金貨を投ずるものあり。我はどならんとすれども我の声はあまりにアンヂエリコの訪れにすぎない。跪きたれども永遠はあまりにかまびすし。
 色彩りたる破風よりクルブシを出すものあれば呼びて彼の名称を問ふ。彼はやはりシシリイの料理人であった。
 堤防を下らんとする時我が頸を吹くものがある。それは我が従僕なりき。汝すみやかに家に帰りて汝の妻を愛せよ!」    ・・・・(続く)

ネットで見てコピペをしようと思ったが、この詩はなかった。
フクシマ大学の先生がこの「馥郁タル火夫」について論文を書いていらっしゃる。
その中に全文が出ているがpdfのためコピペがきかない。
ので、こうなったらと思って書き写すことにしたのである。
これで約半分である。
残りは、また書き写す。
書き写していると心の中に色々なことが浮かんでくる。
見たこともない言葉や漢字もある。
そしてやはりこの詩から受ける印象、イメージ、おもしろみなどである。
「没食子」とは見たこともない言葉。
「もっしょくし」と読む。
ならの葉っぱなどにハチが卵を産み付けてそれが丸い形をして乾燥するとその中にタンニンが出来てそれをインクの材料にする、とある。
猟鳥とは狩りで狩られる鳥のこと。
魚狗とはカワセミ。
跪くは「ひざまづく」。
ダビデ、アドーニス、ヴェラスケス、アクロポリス、アンヂエリコ、シシリイなどのカタカナ語はギリシアやローマ(イタリア)を思わせる。
そして東方よりきたる博士達といえば、キリストの生誕、あるいはキリスト教を思わせる。
全体的になんのことやら、これが詩かいなと思うが、詩なのである。
超現実詩、シュールレアリスムの詩。
つまりシュールな詩。
お互いに遠い関係にある言葉がくっついて独特な感じを出す。
その言葉には元の意味というか、昔ある場面で使われていたものなどが潜んでいたりして、それが分かるとあれからとったのかと思いそれがちょっと自尊心?をくすぐり面白いのである。
いわゆる本歌取りというやつ。
どれもこれもほんとに面白いフレーズのつながりである。
「汝の妻を愛せよ」などはほっこりさせられる。

575が思い浮かばない 0211
スポンサーサイト

1422 生マーラー2

またマーラーの2番を聴いてきた。
これで生2番は4回目。
インバル、コバケン、秋山、そして今日は女流・新田ユリ。
前の3回に劣らず素晴らしかった。
今日は2階席からだったので後ろの打楽器群がよく見えた。
さすがのマーラーというか打楽器群の活躍がないとやはり迫力は出ないことがよく分かった。
大太鼓1、小太鼓2、ティンパニ2、ドラ2、トライアングル1、シンバル1。
あと名前の知らない真鍮で作った長方形の板3(つり下げて打つ、バシとかクシャという音がする)
それに金槌のでかいのでたたくもの(下に据えてあったので見えなかった、多分金属)
など。
大太鼓の重低音は物凄く、弱くたたいてもドドドドドと響いていた。
1楽章と最終楽章は好きなのだが、今回は合唱も入っている最終楽章の盛り上がりにいたく感動した。
合唱の盛り上がりと金管のフォルテ、打楽器群のフォルテがクレッシェンドしていき大迫力だった。
最後にちょっとだけパイプオルガンが鳴った。
パイプオルガンが使われていることは知らなかった。
ということで最終楽章コーダは、ちょっと涙が出そうになった。
「打楽器の 音それぞれに 力あり」
「フルートの 響きにゆるむ 琴の線」
「追分で 引き剥がれたる 寒かな」漱石

1407 ファジル・サイ2

前にも書いたがファジル・サイはほんとにすごい。
ファジルのソロ・アルバムを聴いている。
「サイ・プレイズ・サイ」というの。
演奏家としてすごいばかりでなく作曲家としてもかなりである。
でこのアルバムは彼のソロで彼の作曲したものが多いのだが、モーツアルトやパガニーニなどの曲の変奏もやっている。
それがずいぶんジャズ的で彼も言うとおりジャズ的と言うよりジャズそのものかもしれない。
ブルースっぽいとかそう言うものでなくインプロビゼーション、すなわち即興がジャズなのだ。
テーマを生かしながら、はずれていくところが面白い。
そして無茶苦茶速弾き、超速である。
トルコ出身だけあってトルコの民族音楽風も取り入れているし、現代音楽風でもありほんとに新しい感覚を味わった。
でまた一枚彼のCDを注文してしまった。
彼はもう30年近く活動とあるが、その間全く知らなかったことが悔やまれる。
というかその間はジャズばっかに行っていたから仕方がなかったのだが。
来日公演もあったがそれも知らなかったのだ。
「冬の日の 背中に走る ファジル・サイ」
「指間より 落つ悲しさよ 即興よ」
「弦の音の 地底にうなる 哀愁よ」0121
「雪の日や 火燵をすべる 土佐日記」漱石

1402 ショスタコービッチ

数日前のことだが、朝の5時頃、寝床でイヤフォンをつけて寝ていた。
アイポッドの音楽が流れているのだが、うとうとしていたら急にがつんとやられた。
えらく暴力的な音楽が流れ出したのである。
低音部が同じリズムでずんずんとなる。
そしてえらくスピード感のあるメロディで金管がなる。
途中のトランペットのあおるようなファンファーレ。
それに合わせてティンパニや打楽器群がだんだんとならしまくる。
ひゅんひゅんと弦か管か分からないが時折なる。
3楽章最後の最後はほんとに怒り狂ったよう、これ以上ない音量で突き進む。
そしてドラがじゃーんと3回ほどなる。
ドラが鳴ったところから4楽章に入るが、まさに絶妙のつなぎ目である。
誰の曲かと思って画面を見る。
それはショスタコービッチの交響曲8番の3楽章だった。
余り面白かったのでもう一度聴く。
違う指揮者のも入っていたのでそちらも聴く。
こちらの方が時間が短く速い。
速いから余計に暴力的に聞こえる。
最初のはバルシャイ指揮WDRシンフォニー・オーケストラ。
次のはハイティンク指揮コンセルトヘボウ管弦楽団だった。
初演の時はスターリンに嫌われ演奏禁止だったとか。
ドイツとロシア軍の戦争状態を表しているとも。
ショスタコとしては戦争に対して余りいい思いは持っていなかった。
それで曲全体としては暗い感じ。
ネットを見たらいろいろな指揮者のがあり、コンドラシンの67年録音が面白そうだったので、捜して中古だが注文してしまった。
何年ぶりかで面白い曲をゲットした。
ショスタコは5番を少し聴いただけだが、8番はなかなかじゃないか。
そういえばショスタコと言えば「森の歌」のレコードを持っているのだった。

「早暁の 暴力とかけて ショスタコービッチ」
「脳髄に 鉄槌打ち込む 3楽章」
「まどろみを 一気に覚醒 そのリズム」
「暴力と 狂気と悲鳴 戦争だ」0116
「暗がりに 雑巾を踏む 寒哉」漱石

1398 ピアニスト

一面真っ白の朝。
しかし昼には溶けてしまった。
寒気がやってくるらしくこれからが本格的冬となるだろう。
スキー場もやっと一息つくか。
ベートーベンのピアノ・ソナタを聴くにあたって派生していったこと。
はじめエミール・ギレリスというピアニストを聞き始めた。
ソナタの32番がないのでアンドラーシュ・シフの盤を買ってほかのも聴き始めた。
バイオリンのコパチンスカヤを教えてもらったらファジール・サイというピアニストを知った。
そしたらまた関連でユジャ・ワンというピアニストを知った。
そして彼・彼女らのビデオを見るうち、辻井伸行クンの超絶をみた。
辻井君は前から知っていたが、いろいろビデオで見るのは初めて。
彼の得意とするリストの「ラ・カンパネルラ」はやはりすごかった。
そばに指揮者の佐渡裕が坐って見ているのがなかなかの演奏であった。
ほかにもこの曲を演奏しているピアニストはいっぱいあるが辻井君なかなかであった。
辻井君の演奏風景はこの前テレビを見ていたらBSでタップダンサーとのコラボをやっているのを見たが、そのときリクエストされたのが確か「展覧会の絵」か何かであった。
あとで彼は自分はカンパネルラをやりたかったのだがと言っていた。
自分でもカンパネルラは好きみたいである。
この曲は高校のときに音楽の時間に聴かせてもらったのが初めてであるが、動画で見るとそのテクニックなどのすごさが分かる。
ピアノ版はパガニーニの変曲であるが、パガニーニもバイオリンの超絶協奏曲を残しているからピアニストにとっては超絶の見せ場みたいなものである。
しかし、このごろはユーチューブを見ればどんな曲でも出てくるので便利というか驚きだ。
一つ見ると次のを見たくなってしまう。
「白銀に 隠れたうそも 陽で溶ける」
「銀の雲 その向こうには 青い空」
「振り払っても 振り払っても そでの雪」0112
「雪の朝 二の字二の字の 下駄のあと」田捨女(でん・すてじょ)元禄のころの人
プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
welcome
検索フォーム
リンク