1497 対話

今年の花粉は最悪である。
毎夜、氷で目を冷やし続けている。
朝起きると目やにで目が開けられない。
昨日も今日も午前中一杯と昼から少しぐらい外にいて仕事をしたので花粉を一杯浴びたせいもある。
この時期は出来るだけ外に出ないことが大事である。

バカを押し頂いてしまった国は民度が低い。
のだろう。
ひいきの引き倒しの保守潮流。
少し抵抗があるがまあそれくらいなら影響はないだろう。
みたいな。
長いものには巻かれろみたいな。
いいじゃないか少しばかり悪くたって。
みたいな。
このごろ人に対する不信感がクビをもたげてきた。
この人達一体何を考えているのだろう。
こんな戦前回帰の保守政治に満足しているんだろうか。
って。
対話を始めなければと思うが進まない。
スポンサーサイト

1496 民度

ヨーロッパなどで「ヒトラーの手口に学べ」だの「我が闘争」を教材に。
などと言ったら即座に閣僚だったら辞任、議員だったら辞職だそうだ。
それを許さない風土、人々の気持ちがあるからだ。
そういうことに敏感に反応しうやむやにしない気概が誰にでもあるということだ。
それが民衆の気持ちだから民度が高いという。
対して日本はどうか。
いわずもがなの民度の低さ。
いまだに戦前回帰の嘘つき政治家をそのままよしとする風潮だ。
「教育勅語」もいいよーだの。
他にいい人がいないとはよく言ったものだ。
「共謀罪 今に牙むく 凶暴罪」0422

1493 無力の力

「力による平和を達成」と新聞見出し。
アメリカのペンスだ。
銃社会アメリカの面目を守ろうとでも思ってるのか。
アメリカは百歩譲ってそれでもよしとしても、世界に広げるなっちゅうの。
BAKAKAAB(バカAB)がよしおいらもとばかりによいしょしている。
とは前に書いたとおりだが、大事なものを忘れているのは両者。
国連に九条だ。
九条の世界を広げるべきなのは首脳のやることだろう。
難しいからこそ首脳がやるのだ。
力でもってやるものは力に負けるに決まっているのだ。
腕力より頭脳だよ、首脳は。
ってここまで書いてもう花粉症に耐えられない。
目が腫れてきた。
「出でよ今 無力の力 ガンジーよ」0419

1492 九条輝く

娘が第2子を出産した。
無事若干人口減少をくい止めた。
2050年頃だったか、日本の人口は7000万だとか。
およそ半分近く減るわけだ。
今から30年後、丁度この子が30歳ぐらいの時だ。
人口減でどうなるのか。
いろいろシミュレーションされているようだが、いずれにしても激変の世の中だろう。
戦争だけはしてはいけない。
共存、共栄、共生の世界になることを願う。
核兵器0、原発0。
世界中に憲法九条がある。
様な世界。
「無事生まれ 30年後を 憂うとは」
「九条の 輝く世界 いつまでも」
「九条の ある世界 百カ国」0418

1491 刺激

昨日今日花粉症がひどくて目が無茶かゆい。
早く過ぎ去って欲しい。
山を見ると家風の白い固まりがふわーと吹いていくのが見えた。
恐ろしい光景だ。
花粉症のものにはいかなる化学兵器よりも花粉の粉をまき散らしたらそれの方がよっぽど恐ろしい。
と言う話はともかく、アメリカは核兵器を除く兵器の中で最強の兵器、爆弾を使ったとある。
震度にすると6強ぐらいらしい。
そうとな爆発力、そして爆風がおこる。
シリアで使って北朝鮮にどうだといわんばかり。
力で押さえ込もうという魂胆がそも非人道的。
精神は子ども以下であろう。
北などは刺激をしたら暴発もしかねない。
「止めとけよ 刺激を無視する やつじゃない」
プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
welcome
検索フォーム
リンク