1508 前文暗記2

今日はダウンタウンに2回行く用事があってその往復に九条と前文を唱えてみる。
あれれ、九条が突然出てこなくなった。
「日本国民は、・・・・」
しばらくしてやっと出る。
「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる・・・・」
そして前文の初めの部分、「日本国民は、正当に選挙された国会の代表者を通じて行動し、
諸国民と・・・・の協和による成果と、我が国全土にわたっての・・・・自由の・・・恵沢を確保し、」
でやはり真ん中あたりから危うい。
で、ショルダーの中に入れた自作の憲法冊子をのぞいて確かめる。
「われらとわれらの子孫のために、」が抜けていた。
それと「国会の代表者」でなくて「国会における代表者」だった。

もういちど書いてみよう。
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたっての自由のもたらす恵沢を確保し、」だ。
どうだ。
「わたっての」の「の」はいらなかった。

次は「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し、」だ。
これは比較的に言いやすそうだ。

やはり2020年という年について論調がいくつもある。
オリンピックに合わせてやるというのは如何にも軽々しい。
自分の任期中というのも名前を残したいばっかりのアホクサ。
前年までに国民投票を済ませる必要があるが無理。
九条を2項とも残し、自衛隊を追加することの矛盾。
教育無償化を入れることの安易さ、維新へのおべんちゃら。
うんぬんかんぬん。
優秀な頭で考えたことに思えない。
国民をバカにした姑息なやり方。
そも、首相がそんなことを言い出すなんてのがもってのほかというのが分かっていない。
首相がそんなことを言うのをとがめもせず唯々諾々として付き従うバカ党員も党員。
結論・話しにならない、
ということだ。
「変えたいが ためだけのもの 首相案」あほらし
「そも言うは 憲法違反 分かってない」無知無恥
「メッセージ 言われて踊る 無恥党員」最低
「国民は 望んでないに 先走る」えらそうに
「また出たぞ 姑息と安易 バカにして」見透かされてるぞ
「とにかくも このまま存続 我が憲法」0504
スポンサーサイト
プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
welcome
検索フォーム
リンク