1509 前文暗記3

前文第一文目は、5つの述語があると述べた。
行動し、確保し、決意し、宣言し、確定する。である。
決意しまでを暗記したので今日は、後の短い「宣言し、」「確定する」までを暗記する。
その前にまず初めからの暗記の成果を書こう。
正しくかければ成功。
「日本国民は正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の・・・再び戦争の惨禍が起こらないようにすることを決意し
 ・・・が出てこない。
「行為によって」だった。
そして「ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」
初めからこの1文だけを暗記出来ただけでも自分的にはすごいことだな。
前文をしていたら九条のほうが少しあやふやになっている。
日本国民は、・・・に続く言葉が出てこない。
ここで気がついたことだが、九条の方は、その次が「正義と秩序・・・」と来る。
前文は「正当に・・・」と来る。
どちらもあたまが「せい」と言う音だ。
これで九条は間違いなく言えるようになるだろう。

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

何遍も唱えていると格調が高いと思えてくる。
改憲派はなんやかやといちゃもんをつけるが、しっかり読んでみたことがないのだろう。
九条と共に前文も大切にしたい文章である。
「何遍も 唱えて分かる その格調」0505
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク