1536 切迫感

s-鹿網

田んぼに鹿の足跡。
夕べ入ったらしい。
早速網を張った。
電牧だけで油断していた。

河野洋平氏のことが新聞に出ていた。
現実を理想に合わせることが政治だ。
と。
さて話は変わるが「平和」ってなんだろう。
戦前に生まれたものは平和と来れば戦争が思い浮かべられる。
戦後すぐのものも多分そうだろう。
しかし今の若い世代にとってあの戦争は遠いこと。
それこそ江戸時代の歴史を思い浮かべるようなものである。
だとすると、彼らにとって平和とはどういうイメージだろう。
対極的にある戦争のイメージよりももっと別のところにあるのか。
中東やアフリカなどの戦争中のところのイメージはあるのか。
生まれてから戦争のない日常を過ごしてきたそれは平和のイメージになるのか。
何もないこと、それが平和。
うーん、何がいいたいかというと、やはり平和の対極に戦争をイメージして欲しい。
ということだ。
今まさに戦争一歩前。
核の時計ではないが、もう2,3分前に来ているのが自分のイメージ。
うーん、それでどうなんだ。
だからそれを止めよう、という。
・・・
若い世代にこの切迫感をどう伝えるか。
どう感じてもらうか。
遠い話ではないということを伝える。
・・・
「戦争が あと2分後に 迫ってる」
「平和だな その油断が 戦争生む」 0601
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク