1584 過去達未来達

小椋佳の「愛燦々」の歌詞のなかに、
「過去達は優しく睫毛に憩う」
「未来達は人待ち顔して微笑む」
過去や未来を擬人化しているところがくさい。
アメリカ風に言うとクール。
そしてそのフレーズは詩的に言うとシュールである。
過去が睫毛に憩う
過去と睫毛の取り合わせ
そして過去と睫毛とが憩うの取り合わせ

ABの過去達は酷く(ひどく)或いは非道く人にのしかかる。
未来は暗澹として陥没していく
と言ったところか。
「改正」の提案が難しくなってきたと報道。
結構なことだ。
少しずつ破滅に向かっているのかも知れない。

「過去達よ 槍の雨となって 降り注げ」
「未来達よ 深い淵となって 待ち受けよ」0719
スポンサーサイト
プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
welcome
検索フォーム
リンク