1605 ナガサキ原爆忌

昨日頼んだ本が今日来る。
は、早い。

ナガサキの原爆忌。
11時2分、サイレンなる。
車に乗っていたので脇に止めて黙祷する。
亜米は核兵器禁止条約にまたも触れずじまいである。
市長が強烈なパンチを食らわす。
被爆国なのに何故条約に関する会議に参加すらしないと。
のこのことナガサキやヒロシマに出かける気が知れない。

エサキが日米地位協定を見直すべきだと言って回りをあわてさす。
先に質問の答えは官僚の作った文を朗読するだのと言って物議をかもしたばかりなのに、なかなかやるじゃん。
言いたいこと言って。

国税長官は就任会見をなしにしたと。
自らやばいことをしたと認めているようなものじゃん。
メモや書類を捨てたと言い張ったがウソに決まってる。
ほんとだとしたらなおひどい。

「黙祷の 車の先に おにやんま」
「サイレンの 終わりし後は 蝉の声」
「条約に 期待と失望 原爆忌」
「条約の ジョの字も言えぬ 被爆国」
「核禁止 条約やっと ○○○○○」
「ヒバクシャの 声の聞こえぬ ○○○○○」0809
スポンサーサイト
プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク