1000 書くこと

遂に1000回。
書くことの意義、意味は何なのか。
書くためにはさまざまな情報が必要である。
その情報に基づいて自分の考えを作る。
ということから二つのことが行われる。
社会にコミットすることと自分を見つめるということになろうか。
自分を見つめると書いてしまったが、よく考えてみれば、その上辺だけの自分の思いや考えを作り出しているに過ぎない。
のではないか。
もっと奥深いところの自分はまだあるのではないかという気がする。
つまりそれがあるとすれば自分なんて見つめ切れていないのではないか。
と思う。
上辺のものはその奥深いところからにじみ出てくるのではないか。
自分とは何者なんだろう。
今のところの自分は戦争反対が奥深くにあるのか。
もっともっと奧の自分は何なのか。
・・・
書くことによって、自分が見えてくればそれでいいのだが、その奥深い自分はまだ見えていない。
気がする。
なんだか意味のないことを書いてしまったような気もするが、まだまだ書き続けようと思う。
12月8日愚かな戦争の始まりの日。
イマジンを書いたジョン・レノンの終わった日。
しかしイマジンは続く。
釈迦が悟りを開いた日とも。
成道会(じょうどうえ)
その悟りとは。
ひと言で言えるはずもない。
が、ひと言で言えるものでもあろうか。
うーん。
・・・・・・1208
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク