1009 価値と価格

「やさしい経済の話」という講座に出ている。
やさしいと言いながらも結構難しい?ところもある。
講師の方は元教師で社会科。
原始社会から封建制を経て資本主義の世界まできた。
やはり近代現代の歴史と経済の話が多くなってくる。
歴史のことはさすがに詳しい。
映画や音楽などの話が必ずといっていいほど入るので面白い。
今日は「価値」のことについて。
「価値」は長い間分からなかったが、ようやく見つけた人はアダム・スミス。
価値とは「商品の価値は、そこに投入された労働の量(労働時間)で決まる」
そして「社会的生産力の発展は商品の価値を下げる。」
そして「商品の価格は市場の状況によって大きく変わる」
価値=労働時間なのであるが、価格とどう違うのか。
について、みんなで話していたのだが、頭がごちゃになって自分の中ではびしっと定義づけることが出来なかった。
しかし、後から考えたら何だ簡単じゃないかと思ったのが以下。
Aという物とBという物を同じ労働時間で作ったとすると、AとBは同じ価値である。
しかし同じ価格になるかというとそうではない。
価格はやはり需要と供給とのバランスで決まる。
Aの方が需要があるとすればAの方が価格は高くなる。
ということだ。
と、考えたのだが間違っているだろうか。
原則はそうだが、他の要素が加わると余計に複雑になることは言える。
それはややこしくなるので述べないが、次回は、賃金、価格、利潤などについて考える。

今日はアメリカFRBが利上げを決めた。
いわゆる0金利体制からの変更である。
0~0.25%の利率から0.25あげて0.25~0.50にするというものだ。
9年半ぶりの改訂であり、リーマンショック以後7年間の政策に変更をするというものだ。
株価は今日、少し上がった。
アメリカでは労働人口が21万人増えるとか。
原油価格が下がる中で米のシェールガス業界は苦戦しているが、原油輸出を40年ぶりに許すとか。
影響は出始めているが、サウジなどは原油の輸出を増やして原油価格を安くしようと対抗しているが果たしてこの先この「戦い」はどうなっていくのか。
日本への影響は勿論出てくるがどうなるのか。
こちらの問題も目が離せない。1217
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク