1025 ゆり直す

世の中をゆり直すらん日の始
よのなかをゆりなおすらんひのはじめ 一茶
1824年 文政7年に作句。
この年にベートーヴェンの第九の初演。
ブルックナーが生まれている。
日本では馬琴、一九、北斎などが活躍。
もう少しすると開国で騒がしくなる頃。
勝海舟が生まれている。
まさにあと少しで、と言っても40年はかかるが、世の中を揺り動かす事態が起こるのだ。
今年もある意味で世の中がゆり動く年になるだろう。
右旋回をし逆方向に向かう世となる(かも知れない、下手すれば)。
そのゆり動きを直すべく「ゆり直す」ようにしていかなくてはならない。
と、思う一茶の句であった。
ゆり直す 一茶もアジる 日の始め 0102
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク