1035 発想

1月なのに畑の草取りをした。
雪がないからだ。
こんなことは初めてだ。

サウジとイランが断絶、戦争状態。
サウジはクラスター爆弾を使ったとか。
ひどい。
中東は「イスラム教」を元としてユダヤもキリストも入り乱れてもう泥沼もいいところだ。
犠牲は、しかも一般市民。
イスタンブールで爆発、10人死者。
あちこちに飛び火している。
中東やアフリカの国々の戦火の絶えないところの子どもたちを今のところどうにか平和を保っている日本に連れてきて一定期間住まわせてその平和ぶりを堪能させてあげたい。
サウジもイランもイラクもシリアもイスラエルもパレスチナもリビアもみんな一緒に生活するのだ。
これを毎年毎年行う。
少しは中東やアフリカの平和に貢献しないだろうか。
彼らが大きくなって何とかせねばと思わないだろうか。
戦争を売り込むのでなく平和を売り込むのだ。
ABらにはこんな発想は出来ないだろうな。
金にならないもの。
海外に金をばらまくよりこういうことに金を使ったらどうなのか。
と、思った次第である。

クロ現でCNF(セルロース・ナノ・ファイバー)というものを紹介していた。
植物繊維から出来たナノ素材である。
鉄よりも固くて軽い。
何だかノーベル賞級の研究だと思った。
「子は宝 宝に渡す 宝の九条 」字余り 0112
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク