1040 街・スタ

s-す2
街宣・スタンディングをした。
自分としては21回目。
全体としては23,4回目か。
今日はこれまでと場所を変えて車のよく通る道路際でやった。
高校の近くであるが、今日は日曜日なので高校生の姿は殆ど見えなかった。
15名参加で署名も少し。
途中からリレートーク。
リレートークは皆さんだいぶん慣れて力強いトークが聞けた。
残念ながら車は通るが人は殆ど通らないし民家もあるにはあるがスピーカーの声が届いたかどうか不明である。
しかし、参加者もそれを聞くことによって何らかの勉強にはなるだろう。
ということで、今回も作っていった文案を以下に掲載。
今回は読まずにこの内容でしゃべった。
「寒風に 九条守れの 声からす」
0117街宣文
皆さん、こんにちは。**・九条の会のものです。昨年7月から行って参りました**・九条の会によるスタンディングは20回を越えました。年明けの今日は先週の成人の日のスタンディングに続く2回目です。今年も、憲法九条を守り抜くという気構えで皆さんに訴えて参りたいと思います。今日の私の訴えは二つ。AB政権の憲法破壊を止めよう。ということと署名のお願いです。
 一つ目のAB政権の憲法破壊についてです。ご存じの通り、日本国憲法は、3つの大きな柱があります。一つ主権在民、二つ、平和主義、3つ、基本的人権です。AB政権はこの3つをすべて壊してしまおうとしています。憲法は、国民が権力者である政府や議員にたいして与えたものです。すなわちこの憲法によって政治を行えというものです。すなわち政府や議員はこの憲法をまもって政治を行わなければなりません。他の言い方をすれば憲法によって政府や議員が暴走しないように権力者を縛るものが憲法なのです。99条にはそのことが明確に書かれています。ところがAB政権は、これを無視して好き勝手に自分らの思うがままに政治を行っています。まさに独裁政治です。昨年は「戦争法」をむりやり通してしまいました。国民の多くが国会前ばかりででなく日本中で反対の声を上げたのにもかかわらず、また多くの憲法学者が違憲であると述べたにもかかわらずです。沖縄の辺野古基地問題では沖縄の住民の意見も聞かず強引に進めようとしています。民主主義は国民の声を大事にすることです。主権は国民にあるのです。憲法の柱の一つである国民主権を踏みにじっているのは明らかです。そして、これまで70年間、どことも戦争をせず誰も殺さず誰も殺されなかった平和な日本を、あの「戦争法」により日本が戦争しない国から戦争できる国に替えてしまいました。憲法の柱の二つ目である平和主義も壊してしまったのです。そして、3つ目の基本的人権も壊そうとしています。緊急事態条項なるものを出してきて災害や有事の際に国が勝手に私たちの住んでいる家を壊したり道路を造ったりできるという命令が出来るというものです。拡大解釈すれば私たちを縛るためにどんなことでも出来るというとんでもないものです。まさにAB政権は今の憲法を護らないどころか、破壊してしまうという戦後最悪最低の内閣なのです。そして来る参院選では憲法改正の出来る3分の2以上の議員を当選させたならば、憲法「改正」をするとまでいっています。すでに壊しておきながら、今度は新しい憲法にすげ替えようと言うのです。それは戦前の軍国主義時代の憲法に戻すと言うことです。私はこのようなAB政権はゆるせません。今度の参院選では野党が躍進し憲法「改正」を阻止し、AB政権を退陣に追い込みたいと思います。皆さんのご協力をよろしくお願いしたいと思います。
 さてもう一つの訴えは、ここにあります2000万署名に協力してほしいということです。これは昨年国会に提出され可決した「戦争法」を破棄してくださいということと憲法九条を壊さないでくださいという署名です。昨年の国会では先ほど述べましたように多くの国民が反対の声を上げる中、日本が戦争をしない国から戦争のできる国へと変えてしまう法律を作ったのです。戦後70年を日本はどことも戦争をせず誰も殺さず誰も殺されないまま来ましたがそれは憲法九条があったからです。その憲法九条を解釈によってゆがめてしまいアメリカのお手伝いと称してこれからは自衛隊が海外へ出かけて戦争ができる国へと変えてしまったのです。いちばん影響を受けるのは若い人たちです。自衛隊員ばかりでなく、徴兵制が復活すればまず若い人が行くことに決まっています。やはり日本はそんな国になってはいけないと思います。戦争はせずに外交努力で、すなわち冷静な話し合いで国と国とのいさかいは解決していくべきです。ということで今全国で2000万の署名を集めてこの戦争法をなくし、憲法九条を生かそうという運動を盛りあげているのです。どうか署名をよろしくお願いします。

0117
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク