1059 冷静

今日は久しぶりに遠出をして帰ってきた。
耳鼻科へ行って耳を見てもらったらまたかさぶたがついていて取ってもらえた。
前はそのせいで聞こえが悪くなっていたのだが今回はかさぶたがあっても聞こえは余り悪くはなかった。
それが不思議。
花粉症のことも相談しようと思ったが鼻の方は余り辛くなることもないのでやめた。
その代わり眼の方がひどいので今度眼科に行こうと思う。
そろそろ花粉症の季節なので憂鬱である。
甘夏をたくさんもらってきたのでこういうのが花粉症に効くといいな。
と、関係ないことを思う。
???

さて、質問にまともに答えない傲慢首相AB.
じわりじわりと九条壊憲のことまで口にするようになって来た。
追い打ちというか追い風というか渡りに船というか隣のお坊ちゃんがロケットを飛ばすというのでこれ見よがしにイージス艦やらPAC3やら海上保安庁やら準備だなんだと大騒ぎ。
これって、国民に対してわざと恐怖をあおるだけじゃないか。
恐怖をあおることにより、やはり九条は変えて軍備を持った方がいいんじゃないかと思わせるのじゃないか。
こんなときこそ何にもしないでただ冷静に見守るということの方が意味があるのじゃないか。
大騒ぎをすることが北のお坊ちゃんを喜ばせるだけ。
あっちがそうするならこっちはこうする。
そっちがそうなら今度はこうだと互いに悪循環に陥るだけなのだ。
無関心を装ったら北のお坊ちゃんは拍子抜けするんじゃないか。
そして冷静な顔してそんなことやめろよと言えばいいのだ。
今の状況が軍備、軍備と行くことが怖い。
そしてそれが既成事実となって九条壊憲への道となり兼ねない。
まさにそれをやつらはねらっているのだろう。
やはり冷静になることが大事である。
おどしに乗らないということである。
「甘夏の 香り座席に 遠出かな」 0205
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク