1069 それぞれの思い

近所のおじさんが署名を届けてくれた。
この前もそうだったが、90才前後のいわゆる老人だ。
戦争体験のある人、あるいはぎりぎりだった人、しかし戦争中の体験はしている。
という人である。
やはり、体験者ならではの思いがあっての署名だろうと思う。
定年を過ぎた辺りの人はカンパを送ってくれる。
何も活動は出来ないのでせめて切手代にでもというお金だ。
最大のお札を送ってくださる人もいて、なかなか熱いものを感じる。
熱き思いと貴き思いを実現につなげていけるようにさらなる努力をしたいと思う。
一人で何枚も署名用紙を持ってかけずり回って居られる方もいる。
今日は署名用紙はもうないかと言われるので数枚渡してやった。
それぞれの思いに頭が下がる思いだ。
「それぞれの 思いを入れて 茶封筒」 0215
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク