1082 基本的人権

地元の九条の会の例会に行ってきた。
今日は憲法学習会で「基本的人権の尊重」に関わること。
堤未果さんの「貧困大国アメリカ」から日本の医療とアメリカの医療を比べてそのかかる費用のことが衝撃的であった。
日本では2,3千円の医療費がアメリカでは数万から数十万。
入院などすると何百万もかかるらしい。
やはりそれは日本の社会保障政策である国民皆保険のお陰である、ということだ。
そのほか原発のこと、自衛隊のこと、自民党の改憲案と現行憲法の違いなどについて話を聞いた。
自民党の改憲案に表れた「公」や「公益」。
さりげなく国家主義?を入れている。
それと現行憲法97条の憲法は最高法規であるというのを自民案ではすっぽりとなくしているということ。
97条は以下の通り。
第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
それから講演者は二人とも僧職にある方だったので、仏教から見た社会保障などの話しもされた。
日頃基本的人権については考えもしていないが、それのお陰で自由な暮らしが出来る。
考えもしていないということがすごいことでもあるが、じっくり見渡せば基本的人権に関わることはいっぱいある。
生活保護費をケチろうとしていることや、保護世帯が増えつつあるということ、思えば非正規社員等という待遇も基本的人権の侵害なのではないか。
原発を稼働することも基本的人権の侵害。
そして戦争をすることは基本的人権の最も大きな侵害ではないか。
ヘイトスピーチもそうだし、いじめや暴力もそうだ。
身の回りにはいっぱい人権を損なう問題があると言うことだ。
「私は大事 あなたも大事 基本的人権」 0228
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク