1128 キース・ジャレット

s-チャールズ・ロイド

1966年録音のチャールズ・ロイド「フォレスト・フラワー」を聴く。
ロイドはサックス・プレイヤーだがバックにキース・ジャレットやジャック・デ・ジョネットがいる。
お目当てはそのキースの演奏だったのだが確かにキースらしいフレーズは出しているが、それほど素晴らしい演奏ではなかった。
それはやはり瞬間のメロディがあるかないか、それが美しいかどうかで決まる。
どちらもなかった感じでちょっと期待はずれだった。
なかなかいいという人もいるみたいだが、自分的にはよくなかったと言うことだ。
この次ぎもまたチャールズ・ロイドのCDを送ってくる予定だがちょっと期待薄になってきた。
まあしかたがないか。

今日も温泉に行ってきた。
ついでに食事もしてきた。
風呂が壊れたお陰で温泉につかれるが金がかかる。
どうも一部機械をそっくり交換するとかでずいぶん高くなってしまった。
やれやれである。
「鯉のぼり 泳げよ空に 高齢化」 0414
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
welcome
検索フォーム
リンク