1138 希望を残す

これを書いている時点で北海道の補選結果出る。
残念ながらいけまきさんは残念だった。
なんて保守の壁は厚いのだろう。
しかしいけまき陣営の追い上げはすごかった。
負けても得るものは大きかったと言える。
この次ぎに生かさなければ意味がない。
希望は潰えたわけではない。

s-街宣424

今日は日曜日。
また街宣とスタンディングを復活させた。
今日は6人の出席。
1時間をリレートークでしっかり訴えた。
今回のアピール文はいつか話せなかった文を使った。
長いが若干省略して載せる。
世界は変わる。
世界は変えられるという話。
誰によって。
民衆によってだ。
では以下。
なお、この文は狐狸庵居士のブログ「百々峰だより」を参考にした。
世界は変わりつつある、そして時代は変わりつつあるという話をします。
今、アメリカは大統領の予備選挙の真っ最中です。皆さんご存じのように、民主党、共和党が大統領選を戦います。今、その選挙戦に非常に変わった候補が出てきて世間をにぎわしています。共和党はトランプ候補。そして民主党はサンダース候補。トランプ候補はイスラム教徒を制限して入れないといったり、メキシコ国境に壁を作るとかいって物議をかもしています。いつもだったらそんなことを言う候補はすぐに候補から外されますがトランプ氏はナゼか得票数を延ばしています。サンダース候補は民主党にあって社会主義者を名乗り、格差是正を訴えています。いずれも当初はすぐに候補からはずれると予想されていた二人が人気を集めているのです。それはなぜでしょうか。今アメリカはかつてのような勢いや経済的力もなく国内的に行き詰まっていることが大きいのではないでしょうか。それでその行き詰まりを打開する人を求めて人々が彼らに熱狂しているのです。何でもいいから変えてほしいという願いです。あまり知られていませんが、イギリスの労働党の党首選でも異変が起きています。財界よりの政策を進めていたブレアに嫌気がさし、党首に選ばれるのは200分の1だといわれていたコービンという人が党首選に勝ってしまいました。やはり、新自由路線からの変化を求める声が圧倒的だったということです。カナダの総選挙ではアメリカの戦争政策に追随してきたハーパー首相を引きずりおろしました。トルドーという新しい首相は早速カナダ軍戦闘機を中東から引き上げました。スペインのカタロニア地方は140万人を超す人々が独立をめざして集会をしています。イギリスのスコットランドでも独立のための運動、そして選挙によって決めようとしています。またオーストラリアでもアメリカ追随のAB首相と仲のよかったアボット首相が党首選で敗北し辞任しています。このように世界は今民衆の力で変わりつつあるのです。振り返って日本ではどうか。やはり昨今の政治情勢を見ると変わりつつあるのではないでしょうか。昨年は国会周辺は戦争法で何十万の人であふれました。また全国津々浦々で多くの人びとが戦争法反対の声を挙げました。AB首相は「日本を取りもどす」といって戦前の日本のような国にしようと躍起になっています。それに反対の声を挙げたのはふつうの国民でした。かつての労働組合や学生などの動員ではなくて一般の国民が街に出てきたのです。特にシールズという学生の団体は新しい民主主義のあり方を提起してくれました。私たち九条の会も彼らやママの会などといっしょに全国で毎週のようにAB政治に対してNOの声をあげ続けています。沖縄の基地問題にしても沖縄県民の一つになった力がことごとく沖縄の選挙で住民側のすなわち基地反対の側の勝利となりました。そして、この間は政府との工事中止の和解を勝ち取ることが出来ました。まだ油断は出来ませんがこれも住民の力によって勝ち取ったものです。高浜原発の大津裁判所の判断も住民側の勝訴となりました。稼働中の原発を停めるという画期的な判断でした。日本もそういう意味で変わりつつあるのです。世界は変わるのでなくて変えることが出来る。時代は変えることが出来るのです。これが、今の世界の流れではないでしょうか。私たちは、九条を守る運動をしています。戦争をできる国にしてはなりません。今年の参院選で自公が3分の2をとれば戦争のできる国になってしまうでしょう。AB首相はこのごろはっきりと改憲を目指すといっています。それを阻止するにはやはりまずは参院選で野党が3分の2をとることです。どうか皆さんのご理解と協力で戦争法に賛成の議員さんは落選に追い込むことが出来るようお願いしたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
welcome
検索フォーム
リンク