1164 けふも会議

今日は地元のふるさと祭りの準備委員会。
実行委員会形式だがその提案主体をどこにおくかで説明をしたが結局以前のようになってしまった。
実行委員長は自治会長になっていたが、昨年は恒例で自治会長抜きで提案をしたのでそれが気に入らなかったので、今年は変えようということになっていたのだが、人が変わったらまた元のようになったということだ。
いずれにしても目新しさを出すには内容で示すしかないので、出席した面々にはおのおの何かアイデアを持ってきてほしいと言っておいた。
何かことをすると必ず賛否両論が出るが、いざまた反対意見を取り入れてみても余り変わらなかったということはあるが、今日のも同じ。

この村は人口減がはげしいが、生まれるよりのなくなる方が多いのでそうなる。
しかし、ぼちぼち増えはしないが、定年過ぎの人たちが戻って来たり、田舎暮らしにあこがれる人が入ってきたりすることもある。
このところそういう家が二つあり、やはり定年後の人が親のところに戻ってきた例が一つ。
田舎暮らしを求めて来た例が一つあった。
それと離婚されて子連れで戻られた若い方も一例。
田舎暮らしを求めてこられたが病気のため離れられた方が一例。
などである。
小学生は全校8名。
中学生は閉校したため隣村へ通う8名。

相撲の新弟子検査に合格した我が村出身の子がいるというニュースもあり。
「 」0520
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
welcome
検索フォーム
リンク