1215 サプライズ

昨日の注射の予後を診てもらうためまた眼科に行った。
そしたらこんどは白内障の気があるといわれて薬を処方された。
耳も悪くなるし目も悪くなるし、いよいよ老境に突入か。
それに血圧、腰、肩など文句なしに老境だ。

都知事候補のインタビューを見たが、鳥越氏は癌のことを言うだけ。
他にももちろん言っただろうが開口一番それなの?
でもまあ後から宇都宮氏が取り下げて一本化がなったので政策は後からだがついていくだろう。
し、こんどは何としても勝ちに行かなければならない。

天皇の生前退位発言は考えてもいなかったことだけに驚く。
天皇も憲法の危機を読んだか。
強烈なABへのしっぺ返しみたいな感じだ。
皮肉なサプライズだ。
少しは改正論議は遠のくかもしれない。
「遠のくか 改憲論議へ 最後っ屁」
「おまえらに 改正させぬ ギョメイギョジ」
「よくやった 弁護士なのに ケンジ君」
「今度こそ 力合わせて 首都奪還」 0713
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク