1219 街宣とトルコ音楽

s-街宣717

昼から街宣・スタンディング。
参院選後初めて。
6名参加。
郡上踊りが始まったので観光客が多かった。
3分の2は改憲OKの3分の2ではない。
しかし、危険。緊急事態条項の危険も訴える。
夜はトルコのスーフィミュージックを聴きに行く。
残念ながら半分くらい寝ていた。
あの葦で作った?笛は日本の尺八の音色に似ていたが低音から高音まで音域が広く奏でられるのには驚いた。
かなりの技術がいるだろう。
トルコ語を聴くのは初めてだがやはり発音が英語とは違う。
中東系の感じがよくした。始めに歌ったのはコーランだった。
アンコール曲はメロディがよく分かるやさしい曲だった。
土取さんのパーカッションはさすがで自在にメロディを支えていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
welcome
検索フォーム
リンク