1227 勝手な人間

s-鹿

ウォーキングの途中で鹿が網にひかかっているのを発見。
知り合いのハンターに頼んで処分してもらう。
初めに見たときはまだ生きていて必死に網を外そうと飛び跳ねていたが、数時間後にハンターと一緒に行ってみると動かなくなっていた。
それでハンターによるその場でのコロシの場面は見ずに済んだ。
故意による殺戮は見るに忍びないが、増えすぎたことと作物への影響を考えると致し方のないこと。
しかしその原因を作ったのは人間。
自分勝手な人間である。
南無阿弥陀仏。
その場所での捕獲はこれで3回目。
通り道になっている。
お陰で網がぐちゃぐちゃになってしまい立て直さなければならない。
午後からやろうと思ったが歯医者に行ってのことからになるのでやる気が失せてしまった。
最近、少し力を使ったりするとやる気の減退をもよおす。
そういうときは休むに限るが回復に時間がかかる。

鳥越氏もだいぶん疲れているのだろう。
しかし負けないでやる気を出して欲しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク