1242 ひまわり

s-かざぐるま

以前に休耕田にひまわりを蒔いた。
盆ごろに見頃を迎えるつもりで蒔いたが、いかんせん芽が出たひまわりが圧倒的に少なくて見頃どころではない。
1割も芽が出なかった。
しかし、学校の子どもたちがひまわり畑の看板を描いてくれたので設置しないわけには行かない。
それで今日は勘考して風ぐるま付きの看板設置具を作った。
風ぐるまはひまわりに見立てて黄色いテープをはり付けた。

芽が出るのが少ない原因は、
1,種が悪い
2,肥料が足らない
3,種のまき方が悪い=深植えし過ぎ
が考えられる。
その内の一つかも知れないし、複数の原因があるかも知れない。
来年またやるとしたら、まき方については専門家にやってもらおうと思う。
彼は原動機付き種まき機を持っているので。
それに肥料も牛肥を頼もうと思う。

ところで今日の新聞は「生前退位」問題で一色だ。
結論は多分見えていると思うが、退位容認になるだろう。
ただ、単に退位といってもいろいろな法律を改正したり作ったりしなければならないし、第一国民の納得が必要であるから、その同意を得るための国民投票なり何なりをしなければならない。
そうすると、国民投票にかけるための法律か、その仕方についての法律なども作らなければならない。
憲法改正論議はしばらく遠のきそうである。
でも油断はならない。
イチロー3000本安打もすごかったが、何だか生前退位にかき消されてしまった感じで申し訳ない感じである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク