1257 ヒエ抜きはつらいよ

s-ひえ1
<写真>つんつん出ているのがヒエ。
昨日今日と田んぼでヒエ抜き。
今日は昨日がんばったせいで腰が痛かったが無理矢理やったのだった。
無理はよくないのだが、後の仕事のこともあり仕方なしにやった。
昨日の田んぼと比べて格段に少なかったので時間的には2時間ほどですんだ。
腰を曲げる動作はホントにつらい。
それに稲の葉の先はとがっていて顔に当たってちくちくする。
と言うのを都会の消費者は知らないだろうなー。
もう下の泥は固くなっていて足を取られることはないが、それでもところどころは柔らかいところもあり、足を取られることもある。
なんてことも知らないだろうなー。
なんて思いながらヒエ抜き完了。
TPPはどうなるのか。
ABは今秋の国会で何としても通そうとしているがどうか。
クリントンやトランプは逆に反対しているが、ABはどうするのか

今、「世界」10でフランスの農業史に関わる論文を読んでいる。
そのことはまた別に書こうと思うが、参考になることもある。
人口減、高齢化など農村の状況は今後激変する。
農村の多面的機能が失われたとき一体どうなるのか。
すぐ目の前に来ている問題である。
やっぱりABの農業政策は間違っている。
いや間違っていたとならないようにしたい。
「炎天に 張り付く汗と ヒエを抜く」
「このつらさ 知らずに食べるな ヒエ抜きの」
「稲原に 埋もれて憎き ヒエを抜く」
「抜き終わり 胸にしみ入る 渡る風」 0824
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク