1265 違法警察

s-いやしくも

高江には地元沖縄でなく九州や本土から何百人もの警察官が押し寄せて取り締まりなるものをしている。
中には無理矢理ごぼう抜きのようにして人を排除したり、分からないようにしてものをかすめ取ったりしている。
映像がある。
政府の犬と化している。
のだ。
彼らもまた人間であるが、中には良心を傷つけながらもそんなことをしている人もいるかも知れない。
沖縄人を使わないのはやはりその良心が傷つきにくいからだろう。
若い警察官諸君、どちらを向くのか。
圧政府か弱国民か。
警察法に則れば、民を護らない違法行為だぞ。

写真はFBで見つけた警察法第2条2項の一部。
第二条  警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。
2  警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも日本国憲法 の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあつてはならない。
ついでに第3条
第三条  この法律により警察の職務を行うすべての職員は、日本国憲法 及び法律を擁護し、不偏不党且つ公平中正にその職務を遂行する旨の服務の宣誓を行うものとする。

大分県警の違法隠しカメラ。
戦前の警察じゃん。
治安維持法の特高みたいだ。
大分県警の反省もない。
国民を下に見る違法警察。
警察を取り締まらなければならないなんてまさにあべこべ内閣。
「どろぼうを とらえて見れば 身内かな」て、あったような?
「圧政の 手足となりて 取り締まる」
「犬となり お上の言うこと 盲従す」
「戦前の 治安警察 復活す」0901
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク