1268 街宣・スタンディング

s-1スタ

今日の街宣のスピーチ文。(一部)
さて皆さん、また一つ安倍内閣が提案しようとしているアブナイ法律があります。過去にも「共謀罪」という名で国会提出されましたが、国民や野党の反対にあって廃案となりました。実に三回も提出されましたが三回とも廃案となったのです。安倍内閣はこんどは「共謀罪」という名前は使わずに「テロ等準備罪」という名前に変えての提出です。安倍内閣の常套手段です。「武器輸出三原則」も名前を変えての「防衛装備移転三原則」でした。名前を変えれば国民のイメージが変わるだろうと言う馬鹿にした法律です。この「テロ等準備罪」は共謀罪と同じように実際にことをなしていなくて相談しただけで罪に問うというものです。お得意の「解釈」を変えれば政府に都合の悪いことを相談しただけで罰せることができるという独善的なものです。以前に成立した特定秘密保護法案という国民に大事な情報を秘密にしてしまうと言う法律。それに武器輸出三原則をなし崩しにした防衛装備移転三原則、そしてこの共謀罪とい同じの「テロ等準備罪」を考えるとき、そして憲法の中に「緊急事態条項」を入れようと言う動きがあると言うことを考えると、安倍内閣が如何に戦争ができる国に突き進んでいるかが分かるのではないでしょうか。私たちは憲法九条の改悪には反対です。日本が再び戦争に荷担しまた巻き添えになることは絶対にあってはなりません。この巻き添えについてもいよいよ現実味を帯びてきました。集団的自衛権容認の元、そして昨年9月の平和安全法と呼ばれる「戦争法」の元、自衛隊が海外に出かけて武器を使って戦闘を行う可能性が出てきました。いわゆる駆けつけ警護と言われるPKO出動です。この秋にも自衛隊は今紛争が続いているアフリカの南スーダンに出かけると言われています。その訓練も始まっています。
沖縄の高江では(長くなるのでカット)。安倍内閣の好戦性は必ずやめさせなければなりません。皆さんのご理解、ご協力、ご支援をよろしくおねがします。
s-スタ2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク