1288 天気

明日はお天気マークがついていたが夕方見たら突然弱雨モードになっていた。
こんなに急に変わるのは珍しい。
秋の空は変わりやすいのか。
敬老会があるのでやはり天気の方がいい。
稲刈りのシーズンでもあるので天気の方がいい。
雨だと稲が濡れる、田んぼもびちゃびちゃ、機械が入りにくいと条件が悪くなる。
雨が降り続くと稲自体にも変化が出る。
倒れる事がある。
倒れて地面に籾がつくと発芽する。
立ったままで発芽することもあるが、いずれにしても発芽すると稲の品質は格段に悪くなる。
秋の長雨ほどうっとうしいことはない。
やはりこの稲刈りシーズンが一番長雨になりやすい。
これに台風が加わるとなお悲惨。

「倒れたら また起きあがれ 稲の穂よ」 そういうわけには行かないか。
「秋の空 変わりやすくて 気がもめる」
「気になるは 民の心と 秋の空」 女心ではないのがミソ
「政活費 飲み代になり 生活費」 0924
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
welcome
検索フォーム
リンク