1311 あきらめないぞ

On lache rien(オン・ラシャ・リアン)
「あきらめないぞ」という歌を知った。
フランスではこの歌でデモの時ひどく盛り上がっている。
歌の力だね。
今日は、「世界」11を読んでいて、
感動ポルノ
貧困ポルノ
という言葉を知った。
感動ポルノは、
健常者が障碍者を勇気や感動を得るための道具として使っていることである。
手がない女の子が口にペンをくわえて絵を描く姿を見て、「自分の人生は最悪だけど、下には下がいる、彼らよりましだ。」という感情のことだ。
アメリカのTEDでステラ・ヤングさんが使った言葉。
感動の仕方が問題なのだ。
24時間テレビで障碍者が賢明に生きる姿をスタジオでタレントが涙ながらに見るという。
そういうことを指している。
NHKは24時間テレビに対して「検証!『障害者×感動』の方程式~笑いは地球を救う~」をぶつけたという。(8/28)
NHK大阪やるじゃないか。
貧困ポルノは、生活保護受給者がパチンコしたりタバコ吸ったりすることを、貧困に安住しているとして非難の声が挙がった。
貧困のくせにそういうことをしてもいいのかという、そのことが貧困ポルノという。
感動ポルノと貧困ポルノは、しかし、用法に置いては正反対的であることは注意である。

「感動も 仕方によっては 差別になり」字余り
「貧困を ビジネスにする ABポルノ」
「貧困を たたいて笑う 心の貧」字余り
「貧困の 敵が見えずに なぶるやつ」 1017
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク