1321 もったいない

「なしか!」の焼酎ラベルをFBで公開したところ、100以上の「いいね」がきた。
じいちゃんの怒りはやはり浸透している。
というかあの忸怩たる思いは大勢の人が持っているというわけだ。

今日は柿取りの最後。
取ってから皮を剥いて干す。
いくつぐらいやったか数えてみたらほぼ500個。
そんなにたくさんどーするの。
子どもにやったり親戚にやったりと皮算用をする。

子どもの頃はそんなに干し柿もなかった。
皮を剥いたその皮も干して置いて、しばらくしたらおやつ代わりに食べたものだった。
今はそんなことをするものは誰もいない。
飽食の時代、期限が来たものは捨てられる。
カツの横流し問題があったが、ホントは全て捨てられるものであった。
「もったいない精神」は復活しているが、実際は期限が来たら捨てるという。
まあ、ブタなどの家畜の餌として捨てられるのはまだしも、焼却したり肥料にしたりするのは、「もったいない」からははずれるのじゃないか。
「柿の皮 干せば立派な おやつだよ」
「もったいない 言いつつ捨てる 後ろめた」 後ろめた?あるかな
「飽食と 言いつつ捨てる エコ信者」
「片や飢え 片や飽食 この地球」1027
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク