1329 TPP強行

やっぱり強行採決。
民進の迷走もアホかと思う。
徹底論議といってたくせに採決日程にOKなど矛盾もはなはだしい。
いってることとやってることが全く逆。
大臣がぼけたのでちょっとだけまだ迷走するが衆院だけは通過だろう。
民進がぼけたのも何らかの力が裏で働いているのだろう。
いずれにしても「民」はそっちのけの自民と民進だ。

水島朝穂氏推薦(必読)の「世界」11のハンガリーの憲法に対する状況を読んだ。
「憲法改正権力の活躍する『立憲主義』ーハンガリー基本法の世界」佐藤史人。
自分ら(権力・金持ち)に都合のいい憲法作りの話である。
何度も改正をしながら権力に都合のいい基本法(憲法)を作ってきたハンガリーのことを論じている。
「民」が抜けている。
権力を縛るものではなく、「民」を縛るものとしての改正をしているのである。
・・・・・・と、読んだのだが。
ABの思惑はハンガリーと同じだろう。
まさにこのABのやらんとする状況と似ている。
羨ましくも思っているのじゃないか。
こんな「立憲主義」は歴史の冒涜だ。

「TPP 黒塗りだらけで ただ通す」
「やることは 論議じゃなくて ただ強行」
「民抜かし 権力の座に あぐらかく」
「AB自民 立憲主義の 履き違え」
「うらやまし? 中欧の国 基本法」1104
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
welcome
検索フォーム
リンク