1332 試練の月

戦後最大の試練の月となるか。
PKOによる南スーダン派遣と駆け付け警護。
そして、前のめりになっているTPP承認問題。
駆け付け警護の命令を下せば、自衛隊員に死者が出ることは必死。
稲田はその覚悟はあるのか。
ABは多分平気だろう。
元もとオタクだし自分が血を流したこともない坊ちゃん育ちだから。
まあ稲田も血を流すことがなんとかと言ってるくらいだから平気。
なんと言っても自分は安全なところにいて、後ろめたさも持ち合わせないような冷血漢である。冷血女か。
TPPは冗談大臣がまともに説明も出来ないようなもの。
黒塗りだらけでお得意の「丁寧な説明」どころじゃない代物なのに「やったこともない」強行採決で通そうというのだから怒がすぎる。
もともと「絶対反対、嘘つかない、ぶれない」ものとして公約したもの。
今さら「そんなことは私は言ったことがない」って、何とぼけたこといってんだか。
自民党全体としても各個人議員は恥ずかしくないのだろうか。
自民党は自分だけ大事にしてればいい「自分党」だ。
「民のこと よりまず自分の 自分党」
「甘いなあ 冗談大臣 生き残る」
「行く行かない 答えはやはり 風の中」 ボブ・ディラン
これボブ・ディランが授賞式に行くか行かないかのことともとれるし、南スーダンへ自衛隊員が行くか行かないかともとれそうだな。
「坊ちゃんは 危ないことは しないはず」
「坊ちゃんは 無謀なことに 精を出す」1107
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク