1360 変だ

イギリスのEU離脱。
2代目女首相テリ-ザ・メイ。
オーストリアは、緑の党のファン・デア・ベレン。
極右の誰それは破れた。
イタリアは、憲法改正の国民投票でレンツィ首相が敗北。
上院の力を弱めて可児委の議決を重んじるという。
この改正否決は多分正しかったのだろうと思う。
何処かの首相もひょっとして同じ考えかもしれない。
次期首相が誰になるか、またEU離脱が問題になるかも知れない。
米はご存じ暴言トランプ。
コリア、パクウネは死に体。
フィリピンはドゥテルテ大統領。
なんかやくざまがいの放言大統領みたいだけど。
政治がポピュリズムに流されるのは、小泉、石原、橋下など日本でも同様だが、政治離れ、政治への不信が原因であろう。
やはり日本でもろくなことはなかった。
今日の新聞に今年の漢字1文字が載っていたが「変」というのが多い。
世界は「変」だ、というのである。
「本能寺の変」の「変」でもあるし、
変わった、変わっている、おかしくなったの「変」でもあろう。
日本のABは最高の変、最上級というか最下級というか。
モストというかワーストというか。
と、思わないマジョリティがいるとすればポピュリストだ。
「ポピュリスト 変わっていれば 何でもいい」
「変変変 世界も変変 日本も変」
「変ぶりは 日本が元祖 世界あと(後)」
「ポピュリズム 新自由主義が 後を押す」
「大勢に お任せすれば 馬鹿を見る」1205
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク