1382 ファジル・サイ

s-ファジル・サイ

コパチンスカヤをユーチューブで教えてもらってからいろいろ見た。
クロイチェル・ソナタというこれも有名な曲、それをやっている。
ピアノとの二重奏だが、このピアノもまたすごかった。
ファジル・サイというトルコの演奏家。
コパチンスカヤもすごいがこちらもすごい。
でほかのビデオも見た。
やはり二人でやっているサイの作曲した曲「サイ・ソナタ opus7」
これもすごかった。
何だかすごいすごいばかりだが、クラシックのいろいろなことから遠ざかっていたらこんな「すごい」演奏家が出ていたのだった。
ファジル・サイは「鬼才・天才・ファジル・サイ」とかいわれて日本での演奏会もあったみたいだ。
モーツアルトの「トルコ行進曲」をジャズ風にやってみたり。
コパチンスカヤと似ていて身体で弾く。
早弾きやフォルテの力強さも見ていてすごいと思う。
今度来日したら是非見に行ってみたい二人である。
ユーチューブは見ていると次から次へと見たくなる。
しばらくコパチンスカヤとファジル・サイ、それにシャンカール親子などのビデオを楽しめる。
「よく弾くよ 速いし強い ファジル・サイ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
welcome
検索フォーム
リンク