1385 小春日和

12月上旬までのことで、正確には違うらしいが小春日和的年末。
Indian summer=インディアン・サマー。
大学の時、試験に出てインドの夏と書いて出したら×を食らった。
インディアンとはインド人のように思うが、どうもアメリカではアメリカ・インディアンのことみたい。
つまりネイティブ・アメリカン=先住民である。
白人どもは彼らは嘘をつく奴等だと決めつけて、冬なのに春みたいだから嘘の春つまりインディアン・サマーと言ったのだとか。
あれ、春だからスプリングじゃないか。
じゃあ、冬なのに夏みたいだからインディアン・サマーか。
小夏日和になっちゃうな。
それはともかく、と言うことは地球温暖化の影響でこんな暖かな年末か。
年始も暖かそうだ。
雪のない年末年始となりそうだ。
いずれ降るのか降らないのか、やはり雪も降ってもらわないと困る。
雪の重みと冷たさに耐えて地中の植物が芽を出す。
悪い虫も死んだりする。
それが壊されたら悪循環で人間の命も危なくなると言うもんだ。
パリ協定は発効したが、トランプがやめると言ったりしている。
その悪循環もこわいものだ。
地球は温暖化がますます進み暑くなり、生活自体は冬のように沈殿していく。
それはともかく、今日は車の洗車。
車の洗車と言うことはないか。
二台の車を4時間くらいかけて洗った。
ぴかぴかになった。
サイとコパのCDが来たので早速アイポッドに入れた。
聴くのはこれから。
サイとコパでサイコパスだな。
「温暖化 やっぱり冬は 雪がいい」
「縁側の 小春日和の 干しだいこ」
「網タイツ ハワイの次は 九段坂」
「サイコパス 俺も行きたい ヤスクニへ」
「ABとトラ 同じところは カネ亡者」1230
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク