1392 夢

夢なぞはこの頃ついと見たことがないが、昔はたまに見ていた。
大体3つぐらいのパターンがあった。
1、便所に落ちそうになる夢
2、入学試験で数学の問題がてんで解けず焦る夢
3、なぜかライフルか猟銃を斜めに寝ころびながら撃つ夢
1と2に共通するのは「失敗、焦り、恐怖」か
3は攻撃的な夢である。
3は1,2の裏返しとも言えるか。
こういうのを繰り返し何回も見ていた。
若いときには夢精に関わる夢を見た。
女性とやる夢である。
時々日中にデジャブ感覚をもよおすこともあった。
あれ今のこの景色この様子は前に見たことあるぞというやつである。
あれは不思議だった。
夢に見たことなのか、それが現実にある。
正夢というと言うのがあるがそれみたいなものか。
と思う。
今の正夢でなって欲しいのはABの失脚。
それしかない。
とりあえず失脚だ。
「夢でなく ABの失脚 あればよい」
「夢の中 いつもABが やめている」
「記者会見 途中でABが 腹痛に」
「腹痛で ばかばかしくも ABやめる」
「まだいうか アホノミクスに 固執する」0106
「初夢や 金も拾はず 死にもせず」漱石
「初夢に 古郷を見て 涙哉」一茶
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
welcome
検索フォーム
リンク