1419 中国舞踊

いかんいかん、今日帰りに右折しようとしたところうまくいかずに直進。
下手すれば対向車とかするところだった。
安全運転と心にはあったのだが知らない道だったし暗いしでよく分からなかったのが原因。
というか、やはり判断ミス。
隣の連れ合いはそこから機嫌が悪くなった。
なのでしばらく行ってから運転を交代したのだった。
もう遠出はあまりしないようにする。
今日は中国舞踊を見てきた。
ニューヨーク拠点の舞踊団で踊りはもちろんバックのデジタル技術を生かした絵柄やその中に人間を入れて実際の人間を入れたり出したりする技術が見応えあった。
中国本土では公演をしていないという。
それは舞踊劇の中に共産党批判みたいなことや宗教色のあるものがあるからだろう。
「二胡の音の 呼び覚ましたる 幾千年」
「色彩の 幽玄にして 衣(きぬ)踊る」0202
「泊り合す 旅商人の 寒がるよ」漱石
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
welcome
検索フォーム
リンク