1471 霞むトランプ

中山間直接支払制度というのがあって政府が交付金をくれる。
もう一つ多面的機能支払制度というのもあってこれも交付金をくれる。
個人にじゃない。
ある一定の集落に対してだ。
そのお金でみんなで水路を直したり、草刈りをしたり、必要物資や機械などを買うのに使う。
3月になると、その活動の報告と会計報告をしなければならない。
その報告締め切りが迫っていてあわてている。
風邪で体がだるいし気持ちもだるくてやる気がしない。
でもどうにか片一方のは片づいた。
もう片一方は少しだけ締め切りが遅いので若干楽だ。
というか少し後回しに出来る。
でも一気にやりたい気持ちもあるので今日はがんばった。
「がんばらない」でいいのに「がんばった」。

「やりきりたい 気持ちが体を 悪くする」
「がんばれば いいってもんじゃない 体には」
「がんばろう と言う気持ちが ブラックだ」
「トランプの 豪語はどこへ いったのか」
「トランプの 豪語もすっかり 縮んでる」
「モリトモに トランプ豪語 霞んでる」0326
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
検索フォーム
リンク