1475 三流首相

提出物をやっと出した。
出したと思ってやれやれだったが見てもらうと不備が見つかりまた家に戻って一部やり直し。
これに2時間はかかったか。
また提出に行ったのだった。
今度こそ晴れて完了、やれやれのごくろうさん。
一人で盛大に祝いたいところだ。
しかし風邪がまだ治りきっていないので駄目だし面白くない。

「大見得を 切ったからには こそつくな」
「やましさが なければないで こそつくな」
「人の様 つついて自分に ブーメラン」
「悪口を つい口に出す 三流首相」
「はしばしに 三流の垢 浮いている」0330
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク