1485 福島泰樹

目の前にある「福島泰樹全歌集」全3巻。
横幅にして10センチ。
これが数年前からタンスの上に鎮座しているのだ。
絶叫の歌人と言われるが聞いたことはない。
でその中の1冊、第1巻を取り出してぱらぱらと見る。
現代歌人の中でも寺山修司とか岸上大作みたいな代表作がいくつかある人と違って、というか代表作があるのかも知れないがそれは知らない。
佐々木幸綱とか塚本邦雄のような難しい言葉が並んでいるような歌人よりもしかし分かりやすいような気もする。
でぱらぱらとめくってみるが、キンと響くような歌は見当たらなかった。
一首のみを読むのではなく全体を読んでキンとするものがあるのかも知れない。
とにかく短歌については、いや福島泰樹については初心者だから仕方がない。
でも、こんなのは少しキンとする。
・われわれはついには<われ>に帰すべきと焦らず立ちていし歩道橋
・怒りつつふるえているを呵責なき真青(まさお)の群れを人間という
・かわいそうなかわいそうな人さむざむと三機方面隊長佇つ
・ヘルメット手拭軍手火炎瓶わが中核に措きてうつむく
・血痕の浸みていたるをしみじみと見下すわれの卑称は知れど
・ヘルメットささげもつ手のテノールのかなしかれどもこころ決めつつ
・振り翳す斧!反逆の砦とやなにをいまさらうろたえておる
・北総の空につらなるなにあるや破れかぶれの朝の水飲む
・ふかぶかと頭を垂れて坐したるは乗り越え難く目を瞑るため
・・・・ここまで連作である。
書いていると結構ひとつひとつがキンとする。
キンとするとは自分的に言えば心に響くということだ。
70年代の学生運動の匂いがする。
ちょっと出っ張っていてちょっとひねくれているというか斜めに見るような感じ。
「出してみる 現代歌人の 70年代」
「過ぎし日の 雑に紛れている 青き心象」
「血と汗の そここににじむ 世代歌」
「テノールの 声沈み行く 大学構内」0411
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク