1501 死について

人は必ず死ぬときが来る。
死ぬのだ。
それはどうしようもないことだ。
しかたのないことだ。
どうあがいたって死ぬときは死ぬ。
その「あがき」が問題。
こんなに長生きするんじゃなかった。
長生きをしたばっかりに自分は邪魔にされる。
はやく死にたい。
でも死ねない。
自分で死ぬのは迷惑がかかるから死ねない。
でも自分で死ねれば死にたい。
家族がいると家族への迷惑を考える。
何も出来ない自分が情けない。
と、悶々とする。
このあがきにどう対処するか。
人間死ぬことは分かっている。
迷惑は誰しもがかけるものだ。
迷惑をかけない人間なんていない。
これを「分かる」ように説明する。
難しくてもそうするしかない。
死は待つしかない。
待ってるうちに必ず死は訪れる。
待つのが人生だ。
でも、いっくら言っても年寄りになると分かんないらしい。
どうする?
人生の意味って。
長生きの意味って?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
welcome
検索フォーム
リンク