1518 疲れ

今日は久しぶりにスタンディング。
に行くつもりでいたが、地区の共同作業のため、行けなかった。
ABの憲法介入、とりわけ九条の改変、そして共謀罪、森友問題などなど力を込めて訴えることは山ほどあった。
リレートークでどんなことを話されたかは分からないが、もし自分が参加していたら九条改変問題をしゃべっていた。
共謀罪も無理矢理山を迎えている。
断じてスルーできるものではない。
森友問題をうやむやののうちに終わらせることも出来ない。
むしろこれでABの退陣ははかれるのだ。
踏ん張りどころだろう野党は。
前にも言ったように体を張るべきだ。

それにしても疲れる。
あれもこれもが噴出してどれにも真面目に取り組もうとするとそうなるのだ。
かと言って、どこかに手抜きをするとそこから一気に大惨事になるような気もするのだ。
この流れを止めるいい策は思い浮かばない。
悔しいが疲れてもやるしかない。
か。
今日の共同作業はやはり夜になってどっと疲れが出た。
歳のせいももちろんあるが、体力の衰えを実感する。
「疲れても 休みはなしの ブラック政治」0514
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク