1523 強行凶行採決

委員会で共謀罪強行採決。
予期されていたこととはいえ無性に腹が立つ。
満身の力込めこれに怒りをぶつける。
これにというのは与党+維新である。
維新はニュースによるとこれまで質問にも立っていない議員がいきなり出てきて発言の途中で採決を促す意見を言う。
これに乗っかって動議が出され強行に及んだ。
強行は凶行である。
立憲主義国家と言えない。
利権主義国家だ。
民主主義国家のやることか。
因襲主義国家のやることだ。
歴史に悪名を残した。
歴史に汚点を残した。
与党議員は小選挙区制という悪魔の選挙制度によって生まれた議員だ。
公平ではない。
民主的ではない。
そんなもんが決めた法律など国民のための法律ではない。
萎縮することなく反撃を強めなければならない。
「5・19 歴史に汚点 残した日」
「悪法は すべて強行 採決で」
「共謀罪 賛成議員の 共謀だ」
「内心の 自由はもはや 字面だけ」
「警察が 待ってましたと 監視する」0519
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク