1538 請願

zouhiki.jpg

忙しい日だった。
午前中、お寺の花祭りの行事。
ぞろぞろと象を引く。
午後、4区の市民連合の学習会。
帰ってきて、夜は永代経で寺に参る。
(写真は1年前のものだが今年もこんな雰囲気で同じ)

学習会では民進の国会議員の国会報告があった。
加計や森友の疑惑があるが、ABを倒せるほどの追及は18日までに可能なのかという質問に、それは、数の問題(議員)ともうひとつ何やらと言ったが今失念。
確か世間の盛り上がりだったか。
その二つが問題で絶対可能だとはいわなかった。
某市議会に共謀罪の反対か慎重審議の請願を出した。
紹介議員に民進の人を頼んだが断られたという驚くべき報告も合あた。
国会議員はそれは知らなかった、調べてみると言ったが、中央と地方の党の方針がマッチしないのか、その地方議員の個人的な見解からそうなったのか釈然としないが、それにしても、如何にも如何にも遺憾にも情けない。
その民進の議員は自らの主催で共謀罪の学習会を催したのだという。
その上で請願に対して断ったとは理解に苦しむところだ。
我が市においても1日に請願を出してきたが、この18日に国会の会期末。
それまでに可決されてしまったらこの請願はどうなるのだろうと思うが、出さずに後悔するより、出して地団駄踏む方がよかろうと。
こんな悪法に黙っていたなんて後から考えると無茶苦茶悔しいではないか。
途中で廃棄にする請願に変えて審議して可決して欲しいくらいだ。
と今から敗戦処理を考えてはいけないのだが、中央の大奮起、絶対可決Noに持っていきたいものだ。
「悪法に 黙っているのは 服従だ」うまく言えないが賛成と同じ事
「悪法に 上が喜ぶ 無関心」
「声なきを 賛成と見る 民主主義」0603
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク