1547 山が来る

s-いとこ同士

今日は一日ぼーとしていた。
二人の孫の守り。
どちらももうじき2才になる1才のいとこ同士である。
この前も書いたが彼らはブラウン運動である。

国会もブラウン運動である。
みたいな感じ。
文科省はメールの再調査というブラウン。
共謀罪は今週が山になる。
審議をしたらまた強行採決に持ち込むだろう。
ことは分かっている。
13日、と言えば明日だ。
国営は中継するだろうか。
しないだろうな。
みっともないところは大本営が止めるだろうから。
森友、加計と合わさってがちんこでこちらが勝てば共謀罪はおじゃんになることも考えられるが、ここまで来たら奴らもやることはやるという姿勢だろう。
ここで市民が如何に動くか。
国会オキュパイが大本命だがそれはかなわずだろう。
「だろう」ばかりだが、ブラウン運動がとんでもない方向に行くならば、勝ち目はないこともない。
「だろう」が、確立は低い。
俺等は遠くから見守るしかないか。
虚しい。
「山が来た オキュパイとは このときだ」0612
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク