1568 ファースト

s-塩焼き

もらった鮎の塩焼き。
今年初食い。

首都選挙はまあ亡ジミンが転落したことは僥倖だったが、と言ってトミファが勝ったような風潮はやはり頂けない。
いわば亡ジミンとトミファと言う2両連結の電車が先頭と2両目とが入れ替わったにすぎない。
全く別の電車として出発したのではない。
と言うことだ。
つまり第2ジミンといってもいいくらいなところだ。
トミファは誰やらがうまいこといったのだが、トミンファシストである。
亡コイケは日本会議だし、代表になったのはまさしくファシストの憲法「改正」論者。
それを知ってトミファの候補者達は選挙に出たのかしらん。
出たとすれば大問題。
国政にまで出るか影響を及ぼすとなれば亡ジミンを強力に支えるようなもの。
亡コーメーよりも強力な「改悪」集団だろう。
あぶないあぶない。

「反ジミン 入れては見たが 似非ジミン」
「新党の 衣の下は 超右翼」
「ファーストは いずれ剥がれる 化けの皮」
「ファーストは 都民じゃなくて 富ん党」
「その内に ニホンファースト 出来るかな」
「トランプが 怒っているぞ 俺の専売」字余り
「全国の 至る所に ○○ファースト」
「それならば おれもこんどは ABファースト」
「まだやるの イシバファースト 忘れるな」
「おいおいおい キシダファースト あるんだぜ」
「やめてよね イナダファースト 本命よ」
「ほっほっほ 私がファースト ユリコです」
「シンジロウ だってあるんだ 大穴で」
「バカ言っちゃいかん 俺の2回目 アソウだよ」0703
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
welcome
検索フォーム
リンク