1590 記憶と記録

相変わらずの答弁ぶりだった。
取り巻きの秘書官などは記憶にないを繰り返すばかり。
バカにしているとしか思えない。
厚顔無恥だ。
ABの回りはみんながみんな同じ。
チームABだ。
不誠実極まりない。
不丁寧極まりない。
丁寧の反対語は、ぞんざい、いい加減、無茶苦茶、、、、。
中継を見ていると山本大臣の出しゃばること。
さもABの防波堤とならんという忠誠心を見せようとしているような。
見苦しい。
昨日今日では全然駄目だったので、再度か3度かまたやるべきである。
臨時国会および証人喚問。
支持率は又落ちるだろう。

それにしても記憶がないとは。
それに記録もないとは。
記録がないことがそもそもおかしいのある。

「記憶なし 記憶がなければ 記録せよ」
「記録なし 記録がなければ 記憶せよ」
「どれもなし どれもなければ 辞任せよ」0715
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク