1597 尾てい骨

s-穂

何十年ぶりかに尾てい骨を痛打した。
草刈りをしていて1mほどの深さの排水路の中から土手の草を刈った。
終わったので排水路から土手に上がろうとして鉄管がかかっていたのでそれにまたがって上がろうとして失敗。
排水路の中に落ちてしまった。
背中側から落ちてシャツ、ズボンはびしょびしょ。
それに尾てい骨を打ってしまって痛かった。
幸い折れていることはないが座るとき痛い。
中三のときに自転車に乗っていてやはり川の中に落ちた。
その時もしたたかに尾てい骨を打って痛かった。
その時のことが思い出されて苦笑した。
またやっちまった。
背中に負う式の草刈り機が壊れていないか心配だったがこれも無事でホッとした。
尾てい骨を打ったので腰痛が治らないかと思ったがそんなことはなかった。

「これからは 大事にしたい 尾てい骨」
「上がるとき もう鉄管は またがない」
「尾てい骨 あの時以来 何十年」0801
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
welcome
検索フォーム
リンク