1614 猫の子

寝しまにアイポッドで音楽を聴きながら寝る。
のだが、すぐ寝付いてしまってどんな曲が流れていたか分からないことが多い。
このところピアノ・ソナタだったが、時々気がついてハッとする。
そしてメロディがいいと曲名をさがす。
この前はソナタ19番の1楽章がなかなか心に響いたのだった。
あとハンマークラビーアとか。
合間にジャズを聴いたり、ボーカルをきいたり。
今回は伊藤多喜雄の「猫の子」。
これは郡上踊りの曲の中の一つ。
なかなかアレンジがきいていてそこはかとなくいい感じ。

ほんとの郡上踊りの歌詞では、出だしはこんな感じ(ネットでコピペ)
○ヤアヨーホーイヤーヨーイ
 猫の子がよかろ(猫の子がよかろ)
 猫でしやわせ コラねずみょ取る
 (ねずみょ取るノーねずみょ取る 猫でしやわせ コラねずみょ取る)
※以下、唄ばやし、返し省略
○猫がねずみ取りゃ いたちが笑う いたち笑うな コラわれも取る
○誰もどなたも 猫の子にしょうまいか 猫でしやわせ コラねずみょ取る
・・・
以下下世話な歌詞がいくつかでてくるのが面白い。
○大笹原で 誰か寝たよな コラ跡がある
○寝たか寝なんだか 枕に問やれ 枕正直 コラ寝たと言うた
○婆さ枕元 箱根の番所 通り抜けたも コラ知らなんだ
とか
○破れ褌 将棋の駒よ 角と思えば コラ金が出た
○夕んべ夜這人(よばいにん)が 猫踏みころいた 猫で返しゃれ コラ熊笹で
○夕んべ夜這人(よばいと)が 二階から落ちて 猫の鳴き真似 コラして逃げた
とか
○元まで入れて 中で折れたら コラどうなさる
○一夜寝てみて 寝肌が良けりゃ 妻となされよ コラ末までも
○一夜ござれと 言いたいけれど まんだ嬶まの コラ傍で寝る
○何と若い衆よ じゃけらはおきゃれ じゃけらしてから コラ子ができた
・・・とか何だか殆ど夜ばいの話しみたいな感じの歌詞ばかりだ。
江戸の性文化の一端である。

最初のところの猫がネズミを捕るのをイタチが笑う。
イタチよ笑うなお前も取るだろが。
と言うところはどこかの猫ネズミの夫婦が夜の営みをしている。
イタチがそれ見て笑うがお前だって同じ事してるだろと。
遠回しに言ってる。
トラ・キム・亜米もそんな感じのイメージが出来そうな気がする。

「笑うなよ お前も同じ ことしてるジャン」
「猫ネズミ イタチ出てきて 性文化」
「フリーなら 江戸期の頃が 盛んなり」
「キム笑う トラの威を借る 亜米の顔」0818
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク