1628 水を差す人

s-鹿

朝、連絡があって鹿が網にかかっていたという。
ので行ってみた。
大きな雄の鹿だった。
暴れ回っていたらしいが、力つきて死んでいた。

ミンシンは代表選でマエハラになった。
野党共闘が危うい。
じゃないか。
与党に手を貸すんじゃ意味がない。

防災の日だが、訓練は日曜日になった。
合わせるようにしてナオミ・クラインの「これがすべてを変える」が送られてきた。
副題が「資本主義vs気候変動」である。
大部の2冊。
年末までには読み切るようにがんばってみよう。
「ショック・ドクトリン」以来のクラインである。

「ミンシンの キョウサン嫌い 野党の死」
「非共産 野党共闘に 水を差す」
「盛り上がる 市民裏切る 非共産」
「そんなんは 与党に与する 非共産」
「共産を 敵に回して 勝てるのか」0901
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JAZZY
田舎親爺のつれづれ日記。記憶を記録に、記録を記憶に。
Jazz大好き、クラシックも大好き。
JAZZYは邪爺ことよこしまなじじい。
生き馬の目を抜くような世の中、ちょっと立ち止まりしゃがんでみよう。そして斜眼で見える世相を書いてみたい。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcome
検索フォーム
リンク